描き方

【描き方・忘備録】男女キャラの目の描き方

自分のアウトプットと忘備録として、今回第1回目は[目の描き方]を順に書いておきます。
タレ目、ツリ目など目の形はいろいろありますが今回は割愛。この男女1パターン片目づつで進めます。
※制作にはクリスタを使用しています。


◆ラフ
今回は[目]なのでまず目を描きます、描かなければ始まらないので。
描いたら水色で塗りつぶしたレイヤーを作成し、ラフとグループ化(線画が水色になる)をしておくと、線画を描く時にラフと色が違うのでわかりやすくなって良いです。


◆線画
自分は描き進めながら調整するので、線はあまりきっちりとクリンナップしません。


◆下地作り
適当に50パーセントくらいのグレーで色を塗る範囲を塗ります。
この段階で色が薄いとあとで影や明るいところを塗った時に、白飛びするのでこの位の濃さを基準にしたほうが良いです。


◆下地2
濃いところを塗ります。眼球は球体だという事を意識します。
とりあえず立体感を意識します、色はまだ考えていません。


◆下地3
さらに濃いところを塗ります。上まぶたの影も足しましょう。


◆光の映り込み
キャラがどこにいて何を見ているのか、という事を意識すれば映り込む光の形をイメージしやすいかも。(※基本、そこまで意識してませんわ)
魚眼レンズを意識すればなんとなくわかりやすいかと思います。


◆着色
今回はオーバーレイで色を重ねて塗ります。
灰色の下地レイヤーが複数ある時はまとめるか、それらをフォルダにまとめて入れます。
塗る色も別のフォルダにまとめて入れて、フォルダ自体を描画モード?をオーバーレイ設定しています。


◆ハイライト
ハイライトを入れるのは楽しいですね。


◆微調整
最後にはみ出しているところを直したり、形を整えたり微調整してだいたい終わりです。

この塗り方だと下地作りの割合が多くなると思いますが、自分はこの立体感や明暗をつけている段階の作業が一番好きです。

以上、目の忘備録でした( ´ ▽ ` )ノ